ホーム > ニュース

世界選DH速報

2006年08月26日 19:20 written by オオイシ コウジ

ニュージーランドはロトルアで開催中の世界選手権、本日行われた
DH決勝の速報をお届けしよう。

今朝は早くから晴れ渡り、コースコンディションは概ねドライながら、陽の当たらないシングルトラックの中などは非常に滑りやすく、シーディングを上位で通過しながらも、大きくタイムを落とした選手も見られた。

決勝は午前10:30、まずはジュニア女子から始まり、ミック・ハナーの妹のトレーシー・ハナー(AUS)が栄冠を勝ち取った。続いて行われたジュニア男子では、地元ニュージーランドのキャメロン・コールが優勝、2位にも地元のサミュエル・ブレンキンソップが入り、ニュージー勢が1-2フィニッシュを飾った。優勝候補の一角、ブレンダン・フェアクロー(GBR)はスタート直後に転倒し、17位に終わった。日本代表の門脇祥は23位とジャンプアップ、永田隼也は2度の転倒を喫し37位。

続いて行われた女子決勝では、今季絶好調のトレーシー・モズリー(GBR)を、サブリナ・ジョニエ(FRA)が3秒51上回り優勝を飾った。2位はモズリー、3位は昨年のジュニアチャンピオンのレイチェル・アサートン(GBR)。男子決勝は、予選6番手のサム・ヒル(AUS)が、クリス・コヴァリック(AUS)の暫定トップタイムを7秒も上回りホットシートに収まると、続くミック・ハナー(AUS)、マーク・ボーモント(GBR)、グレッグ・ミナー(RSA)、スティーブ・ピート(GBR)はヒルのタイムに届かず、最終的にサム・ヒルが、2位ミナーに4秒22の大差を着けて、エリートクラス初のアルカンシェルを手に入れた。3位レニー、4位ピート、5位コヴァリック。井手川直樹は39位。

最終日の明日はXCエリートクラスが行われる。

wcs_sam.jpg
Rider:Samuel Hill

wcs_sabrina.jpg
Rider:Sabrina Jonnier

wcs_sam_sabrina.jpg

DH Result Final Elite Men
1. Samuel HILL(AUS) 3.11.03
2. Greg MINNAAR(RSA) +4.22
3. Nathan RENNIE(AUS) +6.13
4. Steve PEAT (GBR) +6.89
5. Chris KOVARIK (AUS) +7.01
6. Michael HANNAH(AUS) +8.18
7. Cedric GRACIA (FRA) +8.70
8. Matti LEHIKOINEN(FIN) +9.76
9. Gee ATHERTON(GBR) +9.88
10. Mickael PASCAL(FRA) +10.10

39.Naoki Idegawa (JPN) +27.33

DH Result Final Elite Women
1. Sabrina JONNIER(FRA) +3.50.32
2. Tracy MOSELEY(GBR) +3.51
3. Rachel ATHERTON(GBR) +7.48
4. Melissa BUHL(USA) +10.08
5. Emmeline RAGOT(FRA) +10.71
6. Fionn GRIFFITHS (GBR) +11.90
7. Vanessa QUIN(NZL) +13.88
8. Céline GROS(FRA) +14.62
9. Jennifer MAKGILL(NZL) +15.15
10.Kathleen PRUITTE (USA) +17.21

DH Final Result Junior Men
1. Cameron COLE (NZL) 3.28.29
2. Samuel BLENKINSOP (NZL) +1.16
3. Antoine BADOUARD (FRA) +1.55

23. KADOWAKI Sho (JPN) +20.20
37. NAGATA Jyunya (JPN) +30.01


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/189

« 世界選XCO 男子U23ムービー | メイン | 世界選DH決勝ムービー »