ホーム > ニュース

ジャイアントジャパンの今年の布陣とSRAM傘下ブランドライダー

2006年03月22日 11:18 written by Teisuke Morimoto

ジャイアントジャパンより、ジャイアントチームの今年の布陣と、SRAM傘下ブランドのライダーが発表された。



XCのエースは変わらず後藤清作。ここ数年、怪我、交通事故などで不振が続いていたが、05シーズンには見事復活を果たした。新たにジュニアの橋本龍聖が追加された。2004年シーズンJシリーズ最終戦でエキスパートクラス優勝によりエリートクラスへ特別昇格している。


DHは及川功申に加え、昨年はSMXでも優勝している青木卓也が合流し、さらなる飛躍を目指す。また、メージャーブランドとしては珍しい、ダートジャンプのカテゴリーで横須賀ローカルの小南大地が加わり、グラビティー系を充実を見せた。


トライアルにはジャイアントの顔とも言える岡村周治に加え、初代RedBullバイクバトル王者の長屋佳政がチームに合流している。


また、ジャイアントジャパンはSRAM傘下ブランドなどを取り扱うP&A部門の拡大に伴い、契約選手を充実させた。ROCKSHOXには竹谷賢治、色川浩樹、伊藤雅人、渡邊公資が加入。AVIDには小笠原崇裕、高松健二、TRUVATIVには朝日昌彦、伊藤雅人がそれぞれ加入している。ますます勢いを増すSRAM傘下のブランドからは目が離せない。

06-Support-Rider.jpg


« PROPOSE RIDERS TRIP 2005 by majestic13creators | メイン | 660SS presents BHC 日本一決定戦開催 »