ホーム > ニュース

ニュージーランド選手権DH

2007年01月28日 23:25 written by オオイシ コウジ

オーストラリア選手権のリザルトをお届けしたばかりだが、隣国ニュージーランドでもこの週末に国内選手権大会が開催された。

開催地のネルソンは、南島の北端に位置し、一年を通しての日照時間がニュージーランド最長と言う温暖なリゾート地。DHは全長2.5kmのコースで争われた。8月の同国ロトルアで行われた世界選手権でジュニアチャンピオンの栄冠に輝いたキャメロン・コールや、23degreesとマネージメント契約を結んだ同2位のサム・ブレンキンソップもこのレースにはシニアエリートクラスに参戦。優勝候補の筆頭と見られていたが、タイトルを獲得したのはここネルソンをホームコースとする20才のキーラン・ベネットだった。

k_bennett.jpg
Kieran Bennett @2006WCS Rotorua

予選を3位で終えたベネットは、決勝ランで自らの予選タイムを5秒以上も更新する最速タイムをマーク。フランス国籍の為、リザルトからは除外されているFabien Pedemanaudの出した2番手タイムに1秒34、シルバーメダルのコールに4秒弱の差を着けて優勝を飾った。ブレンキンソップは9位に終わっている。また女子は、スカーレット・ハーゲンが2位に29秒もの大差を付け優勝。唯一のライバル、ヴァネッサ・クインはシーディングランで負傷しDNSと言うことだ。

Bennett, Hagen win national down hill champs - Bike NZ

Interview With Kieran Bennett - New Zealand Mountain Biking - Vorb


« シーオッターのスロープスタイルは中止か? | メイン | 07アンカーチーム構成[プレスリリース] »