ホーム > ニュース

サム・ブレンキンソップが23degreesと契約

2006年10月19日 21:16 written by オオイシ コウジ

マーティン・ホワイトリー率いる23degreesは、8月に行われた世界選手権のDHジュニアカテゴリーで2位となった、ニュージーランドのサム・ブレンキンソップと、複数年に及ぶマネージメント契約を結んだことを発表した。


sam_blenkinsop.jpg
Samuel Blenkinsop @2006 World Championship in Rotorua

ブレンキンソップは、2005年9月にイタリアのリビーニョで行われた世界選手権ジュニアクラスで8位を獲得。今シーズンはオーストラリアをベースにするチーム、Gravity Groupに所属しワールドカップに出場。オーストリア・シュレドミングでは最高位となる12位を記録し、シリーズランキングでは29位と、ジュニア選手ではイギリスのブレンダン・フェアクロウに次ぐ成績をマーク。また、2月に行われたニュージーランド国内戦では、2度のワールドチャンピオンを獲得したファビアン・バレルを破り優勝。そして母国ニュージーランドで行われた今年度の世界選手権ジュニアクラスでは、決勝こそ同国のキャメロン・コールに敗れ2位となったものの、シーディングランではトップタイムを叩き出し、注目を集めた。

マーティン・ホワイトリー率いる23degreesは、2000年に設立。古くはアライ・グローバルレーシング、近年ではTeam G-Cross HONDA海外チームを運営する他、グレッグ・ミナーや永田隼也を始めとするアスリートのマネージメントを行っている。

リソース:Blenkinsop signs with 23degrees-dirtmag.co.uk


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/211

« インターバイクレポート・MTB編 | メイン | 2007年UCIワールドカップスケジュール »