ホーム > ニュース

初代4X日本チャンピオン‘ 栗瀬 裕太‘とスポンサー契約を交わす[プレスリリース]

2008年02月29日 18:47 written by Teisuke Morimoto

 KORE BICYCLE COMPONENTS(コアバイシクルコンポーネンツ)の日本総代理店である(株)東商会は、初代4X日本チャンピオンであり、ダートジャンプなどアクションライディングのカリスマである‘栗瀬 裕太(Team MX/Mongoose)‘とスポンサー契約を交わした。栗瀬選手は、今年より、KOREのハンドル・ステム・シートピラー・サドル・ホイールを使用することことになり、BMXのレースにもKOREのハンドルとピラー、サドルを使用して参戦となる。4X世界チャンピオンである、ミカエル・プロコップに続き、日本国内でも4Xのスペシャリストである栗瀬選手をサポートする事により、KOREは4Xトップブランドとして確固たる地位を築くこととなる。

KORE BICYCLE COMPONENTS:1988年の創業以来、コアなユーザーも満足できるバイシクルパーツの開発を続けており、エリートシリーズに代表されるハンドルやステム、シートポストは90年代のMTBシーンで一世を風靡した。2006年に新たに生まれ変わったKOREは、今までのエリートシリーズを進化させ、リーズナブルな価格でありながら、よりクオリティの高い製品開発を行っている。さらに、完組みホイールや、話題のI-Beamサドル&シートポストをラインナップに増やすなどトータルパーツブランドとしても注目されている。ミカエル・プロコップと、ジル・キントナーが2007年世界チャンピオンのタイトルを取ったのも記憶に新しいところである。


KU6X0078.JPG


栗瀬 裕太(Team MX/Mongoose):大阪府出身の26歳。初代4X日本チャンピオンであり、4XとKOD(キング・オブ・ダート)では、表彰台の常連。BMXやダウンヒルにおいても、彼のライディングは一目置かれており、彼は常に世界を見据えて戦っている。今回KOREとのスポンサー契約により、和製プロコップとして、日本の頂点はおろか、世界の頂点を目指して彼の戦いは再び始まる。


株式会社 東商会 URL www.eastwood.co.jp
KORE Bicycle Components URL www.kore-usa.com


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/676

« ブライアン・ロープスはアイビスのフレームを採用 | メイン | GONZO Track[プレスリリース] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype