ホーム > ニュース

北京五輪XCO種目の選考会は八幡浜にて開催

2008年02月05日 20:09 written by Teisuke Morimoto

1月29日に開催された(財)日本自転車競技連盟選手強化本部会において、第29回オリンピック競技大会の日本代表選手選考方法が決定された。


噂されていた通り、北京五輪の選考会は5月25日に愛媛県八幡浜市にて開催されるJ八幡浜国際クロスカントリー競技大会が選ばれ、日本人最高順位獲得者にその権利が与えられる。公式書類は以下。


mtb.jpg


日本女子は片山梨絵がアジア選手権にて4位となり、上位3人が中国人であったため、各大陸選手権の上位2カ国に各1名与えられる枠(基準2)により日本は出場枠を獲得済みだ。男子に関してはアジア選手権で上位2ヶ国に入れず基準2による獲得に失敗、国別ランキングによる基準1にでは惜しくもトルコとのナショナルポイント差、56ポイントに泣くことになり獲得できていない。しかし、各国のオリンピック委員会が6月20日までに提出する代表メンバーリストにより、枠をフルに使わずに定員に空きが出て日本が繰り上げとなり枠が回ってくる可能性は十分ある。実際に過去の五輪では女子の中込、南部の両選手に急遽枠が回ってきた経緯があるため、希望はあるだろう。


強化指定選手
男子
竹谷賢二,千葉県  辻浦圭一,長野県
山本和弘,東京都  小野寺健,京都府
千田尚孝,愛知県  竹之内悠,京都府
門田基志,愛媛県  江下健太郎,長野県
松本 駿,長野県  後藤清作,島根県


女子
中込由香里,長野県  片山梨絵,神奈川県
矢沢みつみ,山梨県  深井 薫,大阪府
田近郁美,岐阜県


●北京オリンピックの選手選考基準について
http://jmtba.blog93.fc2.com/blog-entry-69.html


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/666

« コヴァリックがSouthridge Winter Series #2で優勝。 | メイン | キャノンデールがドレル傘下へ[追記] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype