ホーム > ニュース

Worldcup Final,Maribor-4X,XCO

2007年09月16日 19:56 written by オオイシ コウジ

スロベニアはマリボルで開催中のワールドカップ最終戦、4XとXCのリザルトをお届けする。

ここマリボルでのワールドカップ開催は、2002年以来実に5年振り。過去の大会ではDH/DL/4Xと、グラビティー系のレースのみが行われていたが、今回初めてのDH/4X/XCOのトリプルイベントとなった。


まずは金曜日に4Xの予選が行われ、先週の世界選でシルバーメダルを獲得したロマ・サラディーニがトップタイムをマーク。先週は早々に敗退したミカル・プロコップが2番手、4度目の世界チャンプの栄冠に輝いたブライアン・ロープスが3番手、そして先週はパンクでセミファイナル敗退を喫したジャレッド・グラベスが4位と続いた。女子は目下ランキングトップのジル・キントナーを、僅か40点差で追うアネケ・ベルテンがトップタイムをマーク。逆転に望みをつなぐ。


土曜日に行われたファイナル。ロープスはセミファイナルでクラッシュし敗退するも、既にシリーズポイントでは2位以下に十分なマージンを保っており、今季のワールドカップ総合優勝に輝いた。ファイナルはサラディーニ、プロコップ、ダン・アサートン、カリム・アムールの対戦となり、サラディーニがワールドカップ初優勝を遂げた。女子はキントナーがセミファイナルでクラッシュ。ファイナルはベルテン、末政、マリッサ・ビュール、ヤナ・ホラコヴァで争われ、ビュールとホラコヴァがリードするも第2ターンでクラッシュ。アネケ・ベルテンが今季3勝目を挙げると共に、初めてのワールドカップ総合のタイトルを手中に収めた。末政は自己最高位の2位となり、ランキング3位でシリーズを終えた。


Result Men's 4X
1.Romain SALADINI (FRA)
2.Michal PROKOP (CZE)
3.Dan ATHERTON (GBR)
4.Karim AMOUR (FRA)
5.Joost WICHMAN (NED)
6.Jared GRAVES (AUS)
7.Brian LOPES (USA)
8.Guido TSCHUGG Guido (GER)

Result Women's 4X
1.Anneke BEERTEN (NED)
2.Mio SUEMASA (JPN)
3.Melissa BUHL (USA)
4.Jana HORAKOVA (CZE)
5.Jill KINTNER (USA)
6.Fionn GRIFFITHS (GBR)
7.Marielle SANER (SUI)
8.Anita MOLCIK (AUT)

Final Standing -4X Men
Rank Name Nat #1 #2 #3 #4 #5 Total
1 Brian LOPES USA 200 250 250 250 60 1010
2 Michal PROKOP CZE 150 200 0 100 200 650
3 Jared GRAVES AUS 80 100 100 120 80 480
4 Filip POLC SVK 0 150 150 150 0 450
5 Gee ATHERTON GBR 250 120 35 20 0 425
6 RomainSALADINI FRA 100 10 0 40 250 400
7 Guido TSCHUGG GER 10 30 80 200 50 370
8 Scott BEAUMONT GBR 0 20 200 30 35 285
9 Joost WICHMAN NED 120 0 30 0 100 250
10 Dan ATHERTON GBR 20 0 40 0 150 210


Final Standing -4X Women
Rank Name Nat #1 #2 #3 #4 #5 Total
1 Anneke BEERTEN NED 250 60 250 150 250 960
2 Jill KINTNER USA 150 250 100 250 60 810
3 Mio SUEMASA JPN 40 80 80 80 150 430
4 Fionn GRIFFITHS GBR 0 100 150 100 40 390
5 Melissa BUHL USA 80 0 0 0 100 180



初めての開催となったXCでは、スエーデンのフレデリック・ケシアコフがワールドカップ初優勝を遂げた。シリーズランキングでは、第2戦から4連勝のジュリアン・アブサロンが総合優勝。2位アントニオ・ヘルミダ、3位クリストフ・サウザーとなった。また女子では、世界選U23で優勝したYing LIUがこちらも初優勝。開幕戦で勝ったRen Chengyuanに続き、中国勢2人目のワールドカップ勝者となった。シリーズ総合はイリーナ・カレンティエバがトップ、2位、マリー・ヘレナ・プレモン、そして総合3位に中国のRen Chengyuanとなった。

Result Men's XCO
1.Frederik KESSIAKOFF (SWE,CANNONDALE-VREDESTEIN ) 1:53:44.43
2.Christoph SAUSER Christoph (SUI) 1:55:10.24
3.Manuel FUMIC Manuel (GER,FUMIC.BROTHERS.INTERNATIONAL) 1:55:26.36
4.Jose Antonio HERMIDA RAMOS (ESP,MULTIVAN MERIDA) 1:55:46.10
5.Roel PAULISSEN (BEL,CANNONDALE-VREDESTEIN) 1:56:32.62
6.Jean-Christophe PERAUD (FRA,ORBEA) 1:57:06.75
7.Lado FUMIC (GER,FUMIC.BROTHERS.INTERNATIONAL) 1:57:22.12
8.Jakob FUGLSANG (DEN,CANNONDALE-VREDESTEIN ) 1:57:36.48
9.Kashi LEUCHS (NZL,CANNONDALE-VREDESTEIN) 1:58:23.04
10.Filip MEIRHAEGHE Filip (BEL,VERSLUYS-LANDBOUWKREDIET) 1:58:30.07

Result Women's XCO
1.Ying LIU (CHN) 1:37:06.74
2.Marie-Helene PREMONT (CAN,ROCKY MOUNTAIN HAYWOOD) 1:37:49.87
3.Irina KALENTIEVA (RUS) 1:37:58.91
4 .Sabine SPITZ (GER,GHOST INTERNATIONAL) 1:38:43.87
5 .Ren CHENGYUAN (CHN) 1:39:18.68



Nissan UCI Mountain Bike World Cup

Sportni Center Pohorje


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/582

« Foes 2:1 FXR / XCT 5 | メイン | 日本男子XCO、北京五輪枠獲得に一縷の望みか?[訂正版] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype