ホーム > ニュース

グレッグ・ミナーとニコラス・ブイヨズはWC最終戦を欠場

2007年09月11日 15:30 written by Teisuke Morimoto

2人の大物ライダーが最終戦のキャンセルを表明した。


グレッグ・ミナーは先週末に開催された世界選手権の決勝ランで転倒、今シーズンは癖にになってしまった肩の脱臼が再発、そのままなんとかゴールまでたどり着いて4位の好成績を残している。しかし、本人にとっては受け入れることができない成績だろう。昨シーズンはWC未勝利、世界選手権は2位、今シーズンのWCでも未勝利であり、チームメイトのマティ・レヒコイネンはすでに1勝を挙げるなど辛いシーズンになってしまった。また、ホンダがサーキットから撤退するのは確実視されており、新しいチームを探す必要にも迫られるだろう。3〜4週間はバイクに乗れないため、ミナーは最終戦に出場はしないが、チームメイトのサポートのため、マリボーは姿を見せる予定で、10月10日には南アフリカに帰国するということだ。


今シーズン、ヨーロッパラウンドに限定してWCに復帰を表明していたニコだが、手首の負傷により最終戦の欠場を自身のウェブサイトで表明した。ニコはすでにWCスイス大会に出場しており、予選5位、決勝63位というニコとしては平凡な成績に終わっている。決勝の途中から雨が降りだし、予選のタイムが良かった選手は苦戦を強いられ、ほとんどの選手がタイムを落としたものの、予選1位だったサム・ヒルはドライコンディションだったトップに1.6秒という僅差で2位を獲得しており、ほぼ同じコンディションで走っているサム vs ニコの対決はサムに軍配が挙がる結果となった。是非、来年もWCへ参戦して貰いたいものだ。


23 Degrees Sports Management
http://www.23degrees-sports.com/teamgcrosshonda.php


Nicolas Vouilloz - Accueil VTT saison 2007
http://www.nicolasvouilloz.com/accueil_vtt.php
via Sick Lines


関連記事
Champery DHリザルト
UCI WC DHI #2にニコが姿を現す


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/579

« 世界選DHエリートはサム・ヒルとサブリナ・ジョニエが二連覇 | メイン | アバランチェJAPANダウンヒルマラソンin野沢 鈴木雷太レースレポート »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype