ホーム > ニュース

ランスがレッドヴィルトレイル100でデビッド・ウィンズが2年連続優勝

2007年08月12日 14:18 written by Teisuke Morimoto

1983年にランニング競技から始まったこの100マイル(160km)レースは4,680mのアップダウンが設定されており、最低標高2760m、最高標高 3786mを走る過酷なレースだ。非常に人気のあるレースのため、抽選によるエントリーの受付を行っており、750人の出場者の内、500〜600人がゴールにたどり着けるという。8月11日にコロラド州レッドヴィルでレースが開催された。


昨年末にランス・アームストロングがこのレースに出場することをレースディレクターが認め、さらにその直後に昨年のツール覇者で未だにドーピング疑惑の晴れないフロイド・ランディスまでが出場を表明し、その対決に注目が集まったもの、アームストロングのマネージャーから「スケジュールの衝突により調整不可能」というキャンセルの発表があった。


優勝は殿堂入りしているアメリカのレジェンドXCライダー、デビッド・ウィンズがコースレコードを破る6時間58分46秒のタイムで2年連続優勝を果たしており、ランディスはパンクと転倒により7時間00分30秒の2位でレースを終えているものの、こちらもコースレコードを破っている。3位にも往年の名XC/DHレーサーであるマイク・クローザーが入っており、さながら同窓会状態になっている。


P8110008-724619.JPG
photo:trust but verify
スタート地点でのウィンズとランディス。


機材名では、ウィンズがYETIのハードテイルに2個のボトルケージを装着、ランディスはBMC Fourstroke FS02と思われるフルサスペンションバイクに1個のボトルケージを装着して走ったおり、これらが違いを生んだとも言われている。


Leadville-race-start.jpg
photo:trust but verify
壮観なスタートシーン。


LEADVILLE!
http://trustbut.blogspot.com/2007/08/leadville.html


オフィシャル
http://www.leadvilletrail100.com/


関連記事
ランス・アームストロングがMTB耐久レースに出場
ランディスがレッドビル100に出場



このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/551

« ファビアン・バレルが足を骨折 | メイン | MTBcut.tv goes LIVE! [プレスリリース] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype