ホーム > ニュース

Champery DHリザルト

2007年06月11日 08:03 written by オオイシ コウジ

かつて無い程の急斜度コースに加え雨、スイスの小さなスキーリゾート、シャンペリーで行われたワールドカップDH第2戦は、近年まれに見るタフなレースとなった。

この大会の為に新しく作られたコースは、多くのメディアが「Steepest」と形容する程の急なもので、ペダリングの必要がほとんど無かったのもあり、多くのライダーがフラットペダルをチョイスした。そんな中、優勝候補の一角、G-Cross HONDAのグレッグ・ミナーは金曜日の練習後にコースウォーキングしていたところ、急なセクションで転落し肩を脱臼してしまう。自分で元に戻せたものの、この影響でミナーは土曜日の練習をキャンセル。本番当日も苦しい闘いを強いられることとなった。

開催地シャンペリーは毎日午後4時くらいになると雷雨に見舞われており、予選上位通過者が走るファイナル後半の時間帯ではこの日も降雨が予想された。その為、セミファイナルでは予選ポイントを狙って全力で行くのか、それとも雨の降る前の有利なスタート順を得る為に流すのか、トップライダー達の間でも作戦が分かれることとなる。前出のミナーは、予選からプッシュするも2度クラッシュし予選出走166名中132位。今季から採用されたランキングトップ20ライダーに与えられたシード権に救われての決勝進出となった。ミナーのチームメイトのマッティ・レヒコイネンは、早めのスタート順を得る為にコース途中でストップし予選40位。また注目の復帰戦となったニコラ・ブイヨズは、予選5位と今だ実力の衰えていないことを証明した。有名ライダー無名ライダーが入り交じる結果となったセミファイナルだが、特筆すべきはサム・ヒルだろう。予選2位のミカエル・パスカルに、全長1.6kmのコースでは通常考えられない14秒56もの差を着けるトップタイムをマーク。50点の予選ポイントとファイナルの最終走者となる権利を得た。

先に行われた女子決勝では、このシャンペリーをホームコースとするTeam Bikepark.chのマリエル・サナーがその利を最大限に活かし、自身のキャリア2度目のワールドカップ優勝を遂げた。予選を2位で通過した末政実緒は決勝4位となり、4Xに続き表彰台に登った。

男子ファイナルでは、予選60位で比較的コンディションの良い時間に出走したスティーブ・ピートが、それまでの暫定トップタイムを大幅に上回る4分11秒81をマークし、ホットシートで雨を祈ることになるが、まさに降り出す直前の出走となった予選40位のレヒコイネンがピートのタイムを1秒6上回りホットシートをピートから奪ってしまう。その後雨は勢いを増し、予選上位陣は総崩れ。注目のブイヨズも最終的に63位、かつて「泥の貴公子」の異名で呼ばれた程マッドコンディションを得意としたパスカルも29位と沈む。しかし最終走者となったサム・ヒルだけは悪コンディションの中別次元の走りを見せ、よもやトップ?とギャラリーを騒然とさせるが、レヒコイネン、ピートに僅かに及ばず3位。その結果、マティ・レヒコイネンが昨年のブラジル以来、自身2度目のワールドカップ優勝を成し遂げた。

Result Men's DH Final
1. Matti LEHIKOINEN (FIN,TEAM G-CROSS HONDA) 4:10.21
2. Steve PEAT (GBR,SANTA CRUZ SYNDICATE) +1.60
3. Samuel HILL (AUS,IRON HORSE / MONSTER ENER) +1.63
4. Fabien BAREL (FRA,KONA LES GETS) +4.70
5. Michael HANNAH (AUS,CANNONDALE THE CUT) +11.31
6. Adam BRAYTON (GBR,MTB-DIRECT.CO.UK) +11.94
7. Josh BRYCELAND (GBR) +12.74
8. Marcus KLAUSMANN (GER,GHOST INTERNATIONAL RACIN) +12.88
9. Adam VAGNER (CZE) +13.74
10. Rémi THIRION (FRA) +15.40


Result Women's DH Final
1. Merielle SANER (SUI,BIKEPARK.CH TUI) 4:59.22
2. Emmeline RAGOT (FRA) +2.37
3. Sabrina JONNIER (FRA,IRON HORSE / MONSTER ENER) +2.86
4. Mio SUEMASA (JPN,Intense/FFC) +14.58
5. Tracey HANNAH (AUS) +17.67
6. Helen GASKELL (GBR) +18.49
7. Tracy MOSELEY (GBR,KONA LES GETS) +23.29
8. Scarlett HAGEN (NZL) +28.80
9. Floriane PUGIN (FRA,CHATEL MOUNTAIN CYCLE) +32.28
10.Fionn GRIFFITHS (GBR) +40.35

開幕戦に続き雨に翻弄されたレースとなったが、トップ3に次ぐ4位にファビアン・バレル、5位ミック・ハナーと最終的には有名どころが表彰台を占める結果に。開幕戦を制したマーク・ボーモントは48位と沈み、スティーブ・ピートがシリーズリーダーに。この後ワールドカップサーカスは大西洋を越え、カナダ東海岸、ケベック州モンサンタンにて6/23-24にて行われる。

Nissan UCI Moutain Bike World Cup

BikePark.ch - Coupe du Monde 9 et 10 juin 2007



このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/484

« セルフディスカバリーアドベンチャー TRY BIKE・イン・王滝 2007年6月 | メイン | Jシリーズ DH#2 富士見 レポート »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype