ホーム > ニュース

UCI WC DHI #2にニコが姿を現す

2007年06月09日 12:00 written by Teisuke Morimoto

今週末スイスにて開催されるDHI/4X #2 XCO #3だが、このオフシーズンにWC復帰の噂によりサーキットを騒がせていたニコラス・ブイヨがとうとう姿を現した。


img_3715.jpg


vorb.org.nzにレポートが掲載されているが、ニコが持ち込んだラピエールのDHバイクはジャイアント・グローリーと酷似している。ローワー側のショックマウントはBBハイトが変更できるよう、ボルトオンで取り付けられており、ヘッドアングルも調整可能だ。プロトタイプのフォーミュラのブレーキ、08のフォックスフォーク、5スピードに減らされたカセットコグなど特別仕様が満載だが、特筆すべきはニコのために特別に作られたという、83mmシェル幅のBBと163mm長のXTRクランクだろう。やはり、ニコは現在でも特別な存在なのだ。


詳細は写真は以下にて。


Tech Geek - Nico's Lapierre
http://www.vorb.org.nz/article-60961.html


関連記事
Nicolas Vouilloz's Lapierre X-160
Megavalanche Alpe d’Huez
Megavalanche Ile de la Reunion
ニコ、ワールドカップに復帰か?
ニコ、ワールドカップに復帰を表明?
ニコはWC第2と5戦に出場を認める


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/479

« 5TT シバスラゲーム 開催[プレスリリース] | メイン | Jシリーズ XC#4 富士見レポート »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype