ホーム > 製品レビュー

Sombrioグローブ

2007年05月15日 15:18 written by Teisuke Morimoto

ソンブリオの歴史はそのままノースショアの歴史だ。1998年に創業されたソンブリオのロゴは、3つの羽根を持つが、これはそれぞれ創業メンバーのデビッド・ワトソン、アンドリュー・シャンドロ、ゲイブ・フォックスの3人を表している。


現在でもノースバンクーバーに本拠を置くソンブリオはフリーライディングシーンに於いて、ライダーが所有し、経営するブランドの最も初期の一つであり、当初はTシャツなどのラインナップしか無かったが、来年に創業10年を迎える現在ではフルラインナップを持つ会社にまで成長した。


「ラグジュアリー・オブ・ザ・ダート & ライフ・アフター」


これがソンブリオのスローガンだ。ダートの上でも、バイクから降りた後でもラグジュアリーに。実際に、ソンブリオのバイク・クロージングは本当にバイク用なのか?と思わせるほど洗練されいる。オン・バイク、オフ・バイクと完全に切り替えるのでは無く、バイクに乗ってる時でも街にいる時のようにスタイリッシュに、街にいる時でもバイクを感じさせるという、秀逸なデザインに注目だ。


昨年、輸入元がテスト的に取扱を開始したが、ほとんどプロモーションを行っていないにもかかわらず、多くの問い合わせがユーザー、小売店からあったという。輸入が途切れた空白の2年間、多くのライダーが待ち望んでいた。そして、今シーズン、本格的な取扱が開始されることとなった。今回はグローブを紹介したい。


DSC_155.jpg
DSC_143.jpg
JACKAL ¥4410-
カラー(右から) Cloud/Granite/Canteen
サイズ(写真はL) XS(7)/S(8)/M(9)/L(10)/XL(11)
手の甲にはペイント。手のひらは、極薄で極限薄くデザインされ、最大限のエアーベンチレーションが期待できる。素手感覚で使える軽量なグローブ。リストストラップが無い、ユニークなデザイン。気軽なトレールライディングに。


DSC_123.jpg
DSC_100.jpg
FORENSIC ¥4725-
カラー(手前から) Rasta/Electric/Cloud
サイズ(写真はL) XS(7)/S(8)/M(9)/L(10)/XL(11)
昨年大ヒットしたFORENSICのニューカラーがリリース。ラスタカラーに注目だ。指の感覚をより鮮明にする為、指に4つのベンチレーションを設けているのが特徴。エピックライディングや、アグレッシブ・クロスカントリー・ライディングに。


DSC_224.jpg
DSC_201.jpg
SCION ¥7350-
カラー(手前から) Black/Canteen/Electric
サイズ(写真はL) XS(7)/S(8)/M(9)/L(10)/XL(11)
ソンブリオのラインナップの中で最もヘビーデューティーなモデル。ソフトプロテクター付きで動きを損ねないような素材を採用しており、指の間に、メッシュ加工を施して通気性にも優れている。手のひらは、薄手になっているが、転倒で手の付きやすい外側にはゲルを入れており安全性も考慮。ハードなブリーライディング、ダウンヒルに。


DSC_193.jpg
DSC_189.jpg
CARTEL ¥7140-
カラー(右から) Canteen/Electric /Black
サイズ(写真はL) XS(7)/S(8)/M(9)/L(10)/XL(11)
操作性と通気性、プロテクション性能の両立を目指したモデル。指の動きを妨げない様、関節部が稼動しやすい縫製で仕上げられている。指の間には、メッシュ加工をしておりライディング時の通気性に優れているのと同時に、手のひらには余分な縫製は施さず、グリップの感覚を感じることができる。レーサーやコンテストライダーに。


SOMBRIO 2007
http://www.diatechproducts.com/sombrio/sombrio.html


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/448

« Jシリーズ箱館山XCバイクレポート | メイン | MagicMushroomCup 3 ”BBQスペシャル”[プレスリリース] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype