ホーム > ニュース

Jシリーズ箱館山XCバイクレポート

2007年05月15日 13:06 written by Teisuke Morimoto

箱館山のXCバイクレポートをお届けする。


IMG_9450.JPG
「ヨーロッパでは皆がこれ」というTUFOのカーボンリム製チューブレスホイール。


IMG_9448.JPG
マジックで塗られているが、タイヤもTUFO製。


IMG_9456.JPG
鈴木雷太のアンカー。今年はシマノとの契約が無いため、ホイールはマビックを使用。決勝では泥でもパッドが減らないという、マグラのローターにスイッチしていた。


IMG_9475.JPG
今年からジャイアントに加入の、門田基志のアンセムカーボン。181cmの身長に合わせ、日本未入荷の490mmのフレームサイズを使用。


IMG_9465.JPG
ダイワ精工に残留する形となり、コラテックに乗るイロリンこと色川浩樹。


IMG_9469.JPG
新生XTRの最大の弱点はこのシフターの隙間だ。八幡浜の開幕戦では多くのトップライダーがこの隙間から泥水が入り、変速不能となってレースを落とした。しかし、自ら自転車を触るのが好き、という色川はこの対策をしており、八幡浜でも問題無かったようだ。この対策はレースの現場では常識となっている。シマノはマイナーアップデートを施してくるだろうか?


IMG_9473.JPG
こちらは現在コラテックが開発中の、サイズが小さなモデル。日本マーケットを見据えた開発だろう。


IMG_9830.JPG
レースを終え、洗車を終えたばかりの辻浦圭一のバイク。


IMG_9832.JPG
シフターはもちろん対策済み。マルゾッキのリモートコントロールも泥対策されている。


関連記事
フォトギャラリー 2007Jシリーズ#2箱館山XCO
Jシリーズ#1箱館山XCO#2 速報


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/447

« UCIワールドカップ #1 DH Vigo, Spain[Youtube] | メイン | Sombrioグローブ »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype