ホーム > ニュース

e.13がアーロン・ラッツェを雇用

2007年04月22日 05:29 written by Teisuke Morimoto

e.thirteenコンポーネンツがMatch Videozineのアーロン・ラッツェをマーケティングディレクターとしてフルタイムで雇用した。


アーロン・ラッツェはトライアルライダーとしてシュイン、ダイアモンドバックなどで走ったあと、Match Videozineを立ち上げ、Match Videozineシリーズをリリースし続けた。これは丁度マウンテンバイクのフリーライドシーンが産声を上げようとしている時期と重なり、彼の手によって送り出された初期のジェフ・レノスキー・アーロン・チェイスなどのフッテージに影響を受けたライダーは多いだろう。現在ではフリーランスとしてAtomlabの作品、"Tough As Hell"を手がけたり、Wham Bam Thank You Jam slopestyle seriesに携わるなど活動の場を広げてきた。


「e.13と共に働くのがとても楽しみです。私は会社のみんなと長い間友達でしたし、常に彼らに共感していました。革新者であり、世界中のトップライダーが製品を使用しています」


「これは新しい一歩を踏み出す夢のような仕事です。彼らの製品と同じくらい革新的な、より強力なマーケティング・プログラムを生み出したいと思っています」


IMG_1563.JPG


とラッツェは述べている。Match Videozineシリーズの最新作であるMatch Videozine issue 9のトレーラーが公開されているが、今後もこのシリーズをリリースし続けるのかどうかについては触れられていない。


e.thirteen Components Hires Aaron Lutze as Marketing Director
http://www.pinkbike.com/news/e.thirteen%20Components-Hires-Aaron-Lutze-as-Marketing-Director.html


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/409

« Big Zinkがatomlabへ | メイン | ワールドカップXCO#1、ホフリース速報 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype