ホーム > ニュース

台北国際自転車見本市(Taipei Show)2007速報

2007年03月25日 12:08 written by Teisuke Morimoto

現在、台湾では通称、台北ショーと呼ばれている台北国際自行車展覧会が開催されている。昨日の会場の模様を速報でお届けする。


IMG_6866
会場全景。写真を撮影してる2Fのフロアにもニューカマーや小さな規模のブースが多数出展されているエリアがあり、こちらの方が見るべきものは多かった。完成車メーカーのブースは徒歩で数分の別のホールに集められている。

IMG_6996.JPG
MTB用ストリートタイヤの定番となったタイオガのFS100に加え、もう少しブロックの高さがある新モデルが公開されていた。


IMG_6982.JPG


IMG_6984.JPG
シュランの新作オールマウンテン向けタイヤ。


IMG_6952.JPG
ヘイズ傘下に入ったマニトウはローエンドをラインアップから外し、ハイエンドモデルに集中する。一新したグラフィックは好印象だ。


IMG_7031.JPG
ケンダがFS100キラーとも言えるモデルをリリース。ドイツのライダー、NPJのシグネイチャーモデルで、太さは2.1。


IMG_7042.JPG
こちらはティンカー・ウォーレスのシグネイチャー。1.8幅。


IMG_7040.JPG
こちらははブライアン・ロープスのシグネイチャー。2.2幅。


IMG_7006.JPG
ヘイズはブレーキレバーのデザインを一新。ピストンの置き方を変えて来た。ブレーキのブランド名はSTROKERへと変更したようだ。ヘイズという名前はマニトウ、ホイールスミス、サン・リングルなど傘下ブランドを統括する企業の名前として今後は使用していくものと見られる。


IMG_7074.JPG
あの見慣れたローターのヘイズロゴは目にすることができない。


IMG_7009.JPG
ヘイズグループ傘下のサン・リングル。カモ柄の新作ハブ。


台北国際自転車見本市
http://www.taipeitradeshows.com.tw/cycle/index.shtml


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/378

« 2008年北京五輪のBMXトラックが発表される | メイン | Oceania Championship Result »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype