ホーム > ニュース

UCIが北京五輪後にランダムゲートを導入?

2007年03月16日 10:53 written by Teisuke Morimoto

declineの編集者、スコット・ハートの耳に小鳥が囁いた情報によると、UCIが北京五輪後にランダムゲートをBMXへ導入することを検討中だという。


このランダムゲートとは、ボイスコマンドの後の4つのライトと4つの音の後、1〜2秒遅れてゲートがランダムなタイミングで開くというものだ。これはUCIが子供達にも浸透し、現在主流となったスリングショット方式の効果を薄めるという狙いが考えられるが、UCIは今シーズンから4Xに対して導入を検討しており、BMXには北京五輪後に導入を考えているということだ。


BLOG: Sticker Collection Grows and UCI Rumors...
http://www.declinemagazine.com/Nucleus/COMMUNITY.php?itemid=398


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/369

« Marco Polo Cycling Team Japan 発足[プレスリリース] | メイン | BikeTrial World Championship 2006 #3シンガポールラウンド DVD[プレスリリース] »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype