ホーム > ニュース

サム・ブレンキンソップがナショナルシリーズで総合優勝

2007年03月01日 20:33 written by Teisuke Morimoto

ニュージーランドの新星、サム・ブレンキンソップが現Jr.世界王者のキャメロン・コールを3秒差で抑えて最終戦を優勝で飾り、総合優勝を決めている。


今シーズン、ブレンキンソップはWCを転戦するため、7ヶ月を海外で過ごす予定で、最初の国際的なレースはポルトガルでのマキシスカップとなる。WCで表彰台に登るのが目標だということだ。


Results Round 5 – Levin
1. Sam Blenkinsop – 3m 01.86secs
2. Cameron Cole – 3m 04.89secs
3. Nathan Rankin – 3m 05.48secs


Overall Points – 2007 Elite Mens Downhill National Series
1. Sam Belinksop – 337.5 points
2. Glenn Haden – 302 points
3. Cameron Cole – 301 points
4. Nathan Rankin – 289.5 points
5. Des Curry – 252 points


Sam Blenkinsop Wins New Zealand National Series
http://www.declinemagazine.com/Nucleus/COMMUNITY.php?itemid=362


Results + Final Points From Round 5 (Levin) Of The MTB National Downhill Series
http://www.vorb.org.nz/article-55104.html


関連記事
サム・ブレンキンソップが23degreesと契約
サム・ブレンキンソップは今季もGravity Groupで


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/350

« 今季はアメリカでWCは開催されず? | メイン | ランス・マクダーモットがスコットへ »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype