ホーム > ニュース

ジル・キントナーはシーオッターをボイコット

2007年02月22日 19:50 written by Teisuke Morimoto

4Xの現世界チャンピオン、アメリカのジル・キントナーが自身のブログにてシーオッタークラシックに対して不満をぶちまけている。


まず、シーオッターを"シードンキー" を皮肉を込めて呼び、昨年は賞金を無くてしまったが今年は4Xレースまで競技から除外し、スーパーDを追加したことを非難している。4Xイベントはコースを作成するのが難しく、多額な資金が必要だが、今年から追加されるBMXにはさらにコースを作成するのが難しく、さらに多額の資金が必要だろうと予言している。


IMG_3341
シーオッターへのキャンセルを表明したジル・キントナー(左)


世界で最も大きなメディアにカバーされるイベントで、そしてスラロームがまだ残されているのにも係わらずシーオッターをキャンセルするのは、オーガナイザーがプロアスリートに対してプロとして扱いをしないからだという。そして、アメリカでのレースの取り扱われ方に苛立っていると締めくくっている。日本よりはるかにめぐまれた環境で走る、トップレーサーがここまで怒りを露わにするのは珍しいことだ。


Sea Otter Classic
http://www.jillkintner.com/home_blog/2007/02/sea_otter_classic.html


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/346

« 中川ヒロカはTeam Commençal JPへ | メイン | BOSエンジニアリングがMTB界に復帰 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype