ホーム > ニュース

G-CROSS HONDA海外チームがFUNNを採用

2007年02月15日 20:25 written by オオイシ コウジ

ブレンダン・フェアクロウをチームメンバーに加え、2007年も最も注目を集めるであろうG-CROSS HONDAワールドチームがハンドルバーとステムにFUNNを使用することになった。

G-Cross HONDAワールドチームは、2004年のチーム発足以来ハンドルバーにEASTONを使用していたが、2007年はミナー、レヒコイネン、フェアクロウが乗るRN-01のハンドルバーにFUNN Full On Bar、そしてミナーの4Xバイク"GM"に同社のRippaステムを使用すると言うことだ。このFull On Barは、世界チャンピオンのサム・ヒル(AUS,Monster Ironhorse)も使用している。

FUNNは今年10周年を迎え、イメージカラーのオレンジを全面に押し出した10周年記念モデルのFull On BarとRippaステムが現在人気を博している。


FUNNがG-Cross HONDAと契約 - プレスリリース・クワハラバイクワークス

Funn MTB : http://www.funnmtb.com/


« Team G-Cross Honda Idegawaの体制が決定[プレスリリース] | メイン | ブラジルのアーバン・ダウンヒルでセドリック・グラシアが優勝 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype