ホーム > ニュース

サイクルモード・インターナショナル2006

2006年11月06日 21:24 written by Teisuke Morimoto

11月4-5日、千葉県の幕張メッセにてサイクルモード・インターナショナル2006が開催された。サイクルモードとしては二回目に当たる今年は昨年よりさらに大きな会場に舞台を移し、多くの参加者が会場前が大行列を作る盛況ぶりだった。


DSC03552.jpg
これは二日目の開場10分前の様子。


DSC03485.jpg
嵐の前の静けさ。開場5分前。通路スペースが多く取られているのが分かる。


DSC03488.jpg
入り口すぐにブースを構えたSAI SPORTSのThe Metal Worx。塚本岳が開発を担当している。


DSC03500.jpg
フィジークのアパレル、FREEK。


DSC03517.jpg
小売店であるLOLOが出展したリカンベント/小径車のブース。


DSC03518.jpg
BRIKOのウェア、ヘルメット。


DSC03520.jpg
スキーウェア大手、オンヨネがリリースするサイクリングアパレル。


20061105(014).jpg
DHウェアから数年前に撤退したゴールドウインだが、サイクリングウェアを再びリリースした。


DSC03522.jpg
日本マーケットに帰って来たコメンサル。辣腕セールスマンにより急ピッチで店頭に並び始めている。


DSC03530.jpg
インターバイクのブースをイメージしたというダイアテック


DSC03540.jpg
取扱開始以来、爆発的な問い合わせがあるという、SPIUKのヘルメット。


DSC03478.jpg


DSC03547.jpg


DSC03480.jpg
ダークサイクルを新たに取扱開始したグルーヴィーインターナショナル。タイタスのチタニウム/カーボンコンポジットロードも展示。


DSC03548.jpg
モトクロスインターナショナルはサルサ、サーリーなど非レース系のバイクを主に展示。


DSC03550.jpg


DSC03580.jpg
マジェスティック13製作によるライダーのプロモーションDVDを販売していたKHS。下はTrue Temper使用の新しいXCフレーム。サイクルモード大阪では試乗できるかも?ということだ。


DSC03585.jpg


DSC03587.jpg
KHSジャパンが取り扱う、スカピンのXCバイク、Nope D8。コロンバスのスティールにカーボンという組み合わせが美しい。


DSC03564.jpg
1、2を争う行列を作っていたトレック。同社の契約ライダーが試乗希望者をアテンドしてくれる。


DSC03567.jpg
ブリヂストン・アンカーの新設計のXCバイク。エンドまでオリジナル。


DSC03575.jpg
JCF XCチームランキング1位、全日本選手権制覇のスペシャライズド。


DSC03576.jpg
フロントフォーク、リアショックまでが新設計のENDUROというモデル。フルカーボン、ダブルクラウンフォーク、150mmストロークという競合他社では存在しない新しいカテゴリーを切り開こうとする意欲的なモデルだ。


DSC03591.jpg
人気のあったSRAM Forceの体験コーナー。


DSC03560.jpg
Forceがフルコンポーネント採用されたジャイアントのTCR Advanded SE。ジャイアントはサイクルモード初登場だ。


20061105(006).jpg
国内初登場のAvid Code。同社の初のDHモデルだ。


20061105(007).jpg
こちらはXCレーシングモデルのJucy Ultimate。


DSC03594.jpg
昨今のピスト人気、スティール人気復活によりかなりの注目を集めていた老舗ケルビム


DSC03598.jpg
オレンジも所商会によって国内マーケットに帰って来た。


DSC03600.jpg


DSC03604.jpg


DSC03606.jpg
安達靖の所属するTeam Ikuzawaブース。ホンダのバイクなどが展示されたいたが、強烈な一台はこれ。ローテックのスイングアーム切ってエンドを延長し、ローロフの内装ハブをインストールしている。同軸のサスペンションであるため、理論的にはチェーンが外れる心配が無いのでチェーンデバイスも不要。改造だけで100万円はかかっているとの噂。


DSC03609.jpg
こちらはオリジナルのDHバイク。テストはこれからということ。


DSC03625.jpg
クワハラが参考出品したカイセイチューブを使用したピスト。


20061105(037).jpg


20061105(038).jpg


20061105(034).jpg


20061105(035).jpg
安全性の問題、ハードシェルヘルメットの進化により死滅したと思われていたカスクだが、デザインに新しい感覚を取り入れて復活させたブランドがあった。アパレル、メッセンジャーバックなども展示しており、かなりの注目を集めていた。


20061105(026).jpg
今回は試乗コースにノースショアスタイルのラダーが多数設置された。ふもとっぱらにスタッフが足を運び、参考にしたという。


20061105(025).jpg
このブレーキ跡が、参加者の熱心さを伝えるだろう。


サイクルモードは試乗イベントとして成功を収めているが、筆者が唯一気になった点がある。最終日の日曜日、5時を過ぎた瞬間にバイクは撤去され、ブースは解体される。この手の展示会の解体現場に立ち会われた方ならご存じだろうが、信じられないほどの産業廃棄物が生まれるのだ。特に、インターバイクを体験したばかりだったせいもあるが、未だに環境問題に一切配慮していないブースを見かけることに驚きを感じた。特にロード系のブースに顕著だった。サイクルモードのサイトには以下のような記述がある。


自転車は、日常の交通手段として便利であることはもちろん、カラダによく、環境にも優しい、まさにこれからの時代の乗り物です。


ユーザーの目はこれからますます厳しくなるだろう。この辺りの意識も改革する必要があるのでは?と感じた最終日の5時過ぎだった。


サイクルモード
http://www.cyclemode.net


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/221

« 2006ジャパンシリーズ・チーム表彰 | メイン | DT SwissがPACEのフォーク部門を買収 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype