ホーム > ニュース

ラコンデガイ兄弟がKONAへ

2006年10月05日 17:06 written by Teisuke Morimoto

今年、突如して現れたフリーライド界の超新生、スペインのラコンデガイ兄弟がKONAクランプチームへ移籍することが発表された。


Braun 26TRIX、Red Bull District Ride、Crank Worxなどで印象に残るライディングを見せ、彼らをサポートするアディダスのインターバイクブースでは最も良い位置に彼らのバナーが配置されていた。NWD7で早速パートを持つなど、これは数年前のポール・バサゴイティアが辿った道とオーバーラップして見える。違うのは、彼らが兄弟であるということと、さらに若いということだ。


KONAクランプのマネージャーであるジョン・コーワンはこう述べている。


「私たちはヨーロッパのライダーを探しており、彼らはその頂点にいました」
「ルイスとアンドリューはスロープスタイルという種目を熟知しています。彼らはスロープスタイルのために生まれたようなライダーで、スロープスタイルはマウンテンバイクを代表する種目となりました」
「スロープスタイルは大きなシーンへと育っています。そして、将来的にはフリーライディングの大きな部分を占めるようになるでしょう」
「ラコンデガイ兄弟は若く、荒削りですが、スキルを磨き、進歩することができるでしょう」


KONA SIGNS THE LACONDEGUY BROTHERS TO THE KONA CLUMP
http://www.konaworld.com/news/E_News_LAC.htm


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/207

« セルフディスカバリークロスマウンテンバイク大会レポート | メイン | インターバイクレポート・用品/部品編 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype