ホーム > ニュース

Worldcup DH Final

2006年09月11日 01:55 written by オオイシ コウジ

オーストリアはシュレドミングで10日、UCIワールドカップDH第6戦(最終戦)が行われた。

Result DH Final Men
1.Samuel Hill (AUS,Ironhorse) 3.49.83
2.Nathan Rennie (AUS,Santacruz) +5.51
3.Greg Minnaar (RSA,G-Cross HONDA) +5.55
4.Matti Lehikoinen (FIN,G-Cross HONDA) +6.36
5.Brendan Fairclough (GBR,Orange) +6.53
6.Mickael Pascal (FRA,Q-Bikes) +6.54
7.Marc Beaumont (GBR,MBUK Santacruz) +7.12
8.Gee Atherton (GBR,Animal Giant) +8.79
9.Chris Kovarik (AUS,MS-Intense) +9.73
10.Fabien Pedemanaud (FRA) +11.05

優勝は、先日の世界選での勝利の記憶も新しい新チャンピオンのサム・ヒル。ヒルは、2位以下に5秒以上の大差を付け、第2戦フォートウィリアム以来の今季2勝目を挙げた。2位はネイザン・レニー、3位にグレッグ・ミナーと、世界選の表彰台に立った3人がトップ3を独占。4位に、ブラジルでワールドカップ初優勝を果たしたマティ・レヒコイネン、そして世界選ではジュニアチャンプの最有力候補とされながら、スタート直後に転倒し17位に終わったブレンダン・フェアクロウが5位に入った。第5戦終了時にシリーズランキングトップだったスティーブ・ピートは、13位に終わったものの、優勝したヒルや、ランキング2位に着けていたミナーと十分なポイント差があった為、ピートがシリーズチャンピオンとなった。女子は、こちらも世界選覇者のサブリナ・ジョニエが優勝。しかしシリーズランキングでは、開幕3連勝で大きくポイントを稼いだトレーシー・モズリーが逃げ切り、チャンピオンを獲得した。4X男子はチェコのカミル・タターコビックが初優勝。第5戦終了時に既にシリーズチャンピオンが決定していたミカル・プロコップは4位。女子はフィオン・グリフィスが優勝を果たした。


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/197

« ジャパンシリーズ大鰐・DH速報 | メイン | 世界選XC女子エリートムービー »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype