ホーム > ビデオキャスト

全日本選手権XC決勝

2006年08月22日 12:21 written by Teisuke Morimoto

2006年全日本選手権XCの模様をお届けする。


レースの序盤は野口忍が飛び出し、竹谷賢二が追う展開となるが野口は3周目の下りで転倒を喫し、ヘルメットを破損、フィット性が一気に低下して視界を遮る状態となり、走りに大きな影響を及ぼすことになる。映像でもヘルメットを気にする様子を見ることができる。後半は逆に竹谷が野口をジリジリと離す展開となり、そのままゴール。昨年を鎖骨骨折により棒に振った借りを返す勝利となった。3位にはショップを経営しながらも北京五輪を目指す異色のライダー、武井亨介が入った。


男子XCシニアエリート
1・竹谷賢二 SPECIALIZED 1:52:15.87
2・野口忍 TREK 1:53:20.38
3・武井亨介 FORZA・フォルツァ! 1:54:23.39




iPod


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/178

« New Field Report Vol.2〜ふもとっぱら編 | メイン | Bikedailyクルー、世界選手権へ! »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype