ホーム > ニュース

Crankworx Air Downhill

2006年07月27日 19:23 written by オオイシ コウジ

ウィスラーで22日から30日まで行われている世界有数のフリーライドイベント、Kokanee Crankworx。26日には「Jim Beam Air Downhill」 が開催され、ブライアン・ロープスが優勝を飾った。

「Air Downhill」のコースは、50ものジャンプが連続すると言う、あの有名な「A-Line」。今季のワールドカップは、ケガで満足に出場も出来ていないロープスだが、先日の全米選手権の4Xでエリック・カーターに次いで2位を記録と復活。Air Downhill決勝では、昨年度優勝のセドリック・グラシアを2秒以上も上回り、優勝を果たした。ここ数年は、4X専門ライダーとなっているロープスだが、かつてはNORBA DHチャンピオンを3回も獲得しており、実力は衰えていないところを見せつけた形となった。

1.Brian Lopes (USA,GT) 4.19.05
2.Cedric Gracia (FRA,Commencal) 4.21.43
3.Bryn Atkinson (AUS,GT) 4.21.48

女子はJenと呼ばれるローカルライダーが優勝、2位にフィオン・グリフィス。日本から参戦の末政実緒は4位、女子4X世界チャンピオンのジル・キントナーが6位と言う結果となっている。また、25日に行われたSuper D(ショートXC)では、Giantのアダム・クレイグが優勝を果たしている。

尚、28日にはNissan Biker X、29日には、Kokanee Slopestyle、最終日30日には、Kona Jump JamとGarbanzo Enduro Downhillが予定されている。こちらのリザルトも入り次第お届けしよう。

Crankworx July 22 - 30 2006 Whistler


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/168

« 鈴木雷太 全日本選手権レースレポート | メイン | ファビアン・バレル骨折、世界戦は絶望的 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype