ホーム > ニュース

竹本将史がブリヂストンアンカーを離脱、KONAへ

2006年07月18日 14:36 written by Teisuke Morimoto

7月15日(土)、全日本MTB選手権の会場である石川県白山市の白山瀬女高原スキー場のブースエリアで見慣れぬ青いジャージに身を包むライダーが姿を見せた。


そのライダーとはKONAの青いジャージ姿の竹本将史だ。自らKONAのテントを持ち込んで設営し、メカニックもおらず、BS時代の万全のワークス体制とは大きく違う。異例のシーズン途中の移籍だが、KONAではプロモーション活動での契約となり、レースへの参加は義務づけられていないという。


takemoto.jpg


今後は活動の拠点を静岡県富士宮市のキャンプ場、「ふもとっぱら」に移し、フィールドの開拓、レース運営、KONAのプロモーション活動に携わることになる。ふもとっぱらではルイガノカップが5月に開催されて話題を呼んだが、将来的にはシーオッタークラッシックのようなイベントを開催したいという目標があるそうで、今後に注目したい。ふもとっぱら・マウンテンバイク・フォレストパークは8月1日にオープンする。


FUMOTOPPARA Mountain Bike Forest Park
http://fumotoppara.net/mtb/


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/161

« 全日本選手権DH速報 | メイン | USA National Championship »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype