ホーム > レース/イベント

Fort William WC、DH速報

2006年05月29日 07:10 written by オオイシ コウジ

土曜日のXC/4Xに続き、日曜に行われたDHの結果速報をお届けしよう。

Result Men's DH Final
1.Samuel Hill (AUS,Monster Iron Horse Mad Catz) 4.25.33
2.Cédric Gracia (FRA,Commencal) +1.26
3.Greg Minnaar (RSA,Team G-Cross Honda) +2.31
4.Steve Peat (GBR,Santa Cruz Syndicate) +2.35
5.Gee Atherton (GBR,Animal Giant) +2.44
6.Marc Beaumont (GBR,MBUK Santacruz) +3.87
7.Fabien Barel (FRA,Kona Les Gets) +4.40
8.Nathan Rennie (AUS,Santacruz Syndicate) +5.58
9.Matti Lehikoinen (FIN,G-Cross Honda) +7.01
10.Mickael Pascal (FRA,Qbikes) +9.84
11.Jared Graves (AUS,Yeti Fox) +10.33
12.Bryn Atkinson (AUS,GT) +10.61
13.David Vazquez Lopez (ESP,Maxxis-Msc) +10.66
14.Filip Polc (SVK,Gravity Group) +11.29
15.Ivan Oulego Moreno (ESP,Massi-Abarth) +12.15
16.Dan Atherton (GBR,Animal Giant) +12.27
17.Julien Camellini (FRA) +13.02
18.Bernat Guardia Pascual (ESP,Maxxis-Msc) +13.38
19.Fabien Cousinie (FRA) +14.68
20.Chris Kovarik (AUS,Ms-Intense) +14.94

Result Women's DH Final
1.Tracy Moseley (GBR,Kona Les Gets) 5.12.05
2.Rachel Atherton (GBR,Animal Giant) +7.58
3.Sabrina Jonnier (FRA,Ironhorse Madcatz) +8.89
4.Helen Gaskell (GBR) +10.52
5.Céline Gros (FRA,Alvarez Racing) +13.08
6.Emmeline Ragot (FRA,Qbikes) +16.03
6.Kathleen Pruitt (USA,Jamis) +16.03
8.Marielle Saner (SUII,Bikepark.Ch Tui) +16.95
9.Fionn Griffiths (GBR,Norco) +18.30
10.Mio Suemasa (JPN,Team Okawa) +23.49


週末を通して不安定な天候となった様だが、DH決勝当日は何とか持ちこたえ、大変盛り上がった様だ。午前中に行われた予選では、G-Cross HONDAのグレッグ・ミナーがトップタイムをマーク。2番手にサム・ヒル、3番手にファビアン・バレル、そして地元の期待を背負ったイギリス勢、スティーブ・ピートが4番手、そして5番手にジー・アサートンと続いた。開幕戦の勝者、ミック・ハナーは9位。日本期待の若手、永田隼也は94位で決勝進出を果たせず。

14時から始まった決勝では、予選2番手のサム・ヒルが自らの予選タイムを4秒縮め今季初優勝。シリーズポイントでもトップに躍り出た。2位には予選6番手からジャンプアップのセドリック・グラシア。ミナーは予選タイムから1秒弱タイムアップしたものの、3位に終わった。地元期待のスティーブ・ピートは4位で、シリーズランキング2位に浮上。5、6位にはジー・アサートン、マーク・ボーモントと、地元勢が続いた。

女子はトレーシー・モズリーが予選、決勝を通してトップタイムをマーク。開幕2連勝を飾った。2位にも地元イギリス勢、レイチェル・アサートンが入り、3位にサブリナ・ジョニエ。末政実緒は10位フィニッシュ。

Sport Electronic Timing:Result 2006 Fort William

[NOTE]
*優勝したサム・ヒルは、昨年のシュレドミング、ピラに続き自己3勝目。DVD「Hypnosis」の中で多くのライダーがサムのことを「最高のライダー」と褒めていたが、このまま勝ち星を重ねていくことになるのだろうか?。

*2位のセドリック・グラシアは2004年第2戦以来の好成績。優勝となると2003年開幕戦(フォートウィリアム)まで遡らなければなりません。グラシアの勝利を待ち望んでいるファンも多いはず!。

*なんとあのブライアン・ロープスがDHに出場。予選を見事に61位で通過し、決勝では77位をマークした。


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/116

« Fort William WC速報 | メイン | 鈴木雷太 Jシリーズ#3レースレポート »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype