ホーム > ニュース

"Variety is the spice of life."

2006年03月30日 15:32 written by Teisuke Morimoto

この冬は久しぶりに雪が多く、上々なゲレンデコンディションが続いているウィスラーだが、夏のバイクパーク拡大に向けての準備は着々と進んでいるようだ。


まず目を見張るのがリフトの運行時間の延長。昨シーズンまで10時〜5時までだったのが今年から毎日10時〜8時まで運行。これにより残業をしない仕事を終えたカナディアン達のクーリングダウンヒルが可能になる。

 
またこれまでミッドステーションどまりだったゴンドラが今シーズンから愛車とともにラウンドハウス(ゴンドラの頂上駅)まで上がる事が可能になりビレッジまで標高差1200mのスーパーダウンヒルが実現。メインとなる中級コース上には部分的に上級セクションが設ける事で幅広いレベルのライダーが楽しめる工夫が施される。それに伴いパトロールのガイドが必須だったアルパイントレイルも一部が乗車可能になる。


パーク内にはますますウォールライド、ブリッジ、など人工セクションも充実して行く予定。

他にも スポンジプールやランプ、ボックスなどを完備した Air Dome というインドア施設の建設も予定されている。


夏は10時近くまで日が沈まないカナダ、この夏も寝不足間違いなしだ。


by yossy-t
 

ウィスラーバイクパークオフィシャルサイト
http://ww1.whistlerblackcomb.com/bike/


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/55

« MEGAVALANCHE PERU | メイン | 野口忍(TREK)が今期初優勝を飾る 【ROCKSHOX】 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype