ホーム > インタビュー

栗瀬裕太インタビュー

2006年03月13日 23:14 written by Teisuke Morimoto

長年移籍したトレックチームから離脱したという情報が最初に掲載されたは親友の阪本章史のブログ上だった。

昨年12月1日のことである。約3ヶ月後の2月23日にマングース(モトクロスインターナショナル)入りを発表する公式リリースがチーム監督である塚本岳の日記に、「クリスからの挨拶」というタイトルで栗瀬裕太本人の文章で発表された。もう少し詳しく本人に聞いてみようではないか。


Q:移籍を決めた理由は?


A:自分の理想とするライディングスタイル、ライフスタイルに近づくため。MTBもBMXもちゃんとサポートされたくてそういう契約でトレックに入ったけど、トレックがBMXを作るのを止めてしまったのがあったら。自分のスタイルにはMTBもBMXも両方欠かせないし、MTBにはMTBの楽しさがあって、BMXにはBMXの楽しさがあるから。どっちも小さな頃からやって来て僕の元になっているから、変われないかな。

IMG_3702.jpg
2005年Aトレール


Q:トレックで得た物は?


A:トレックに入る前は勝負よりも、一発ドカンとやったれ!的なことしか考えて無かったけど、トレックは勝たないとダメなチームだったし、色々考えさせられることがあって、おかげで初代4X全日本チャンピオンも取れたし。トレックにはめちゃめちゃ感謝しています。最後は菓子折もって挨拶に行きました(笑)。

DSC00225.jpg
2004年バーミンガム


Q:マングースでやりたいことは?


A:マングースには若いライダーが全然いなくて、塚ちゃんが一人でずっと頑張って来たけど、ここで僕が入って会社と協力してもっと格好いいブランドにしていきたい。やりがいがあるから頑張ります。


DSC00276.jpg
2004年バーミンガム


Q:DHは?


A:去年、最終戦の瀬女のブナ林が楽しくて、青森くらいからDHの楽しみ方が変わった。塚ちゃんと一緒に走っていてそれに気づいて・・・そこから楽しくなった。今年は表彰台に立ちたい。


IMG_2221.jpg
2005年アメリカ


Q:今年の目標は?


A:4Xで全日本チャンプを取り返すこと、DHで表彰台、BMXは全日本チャンピオン、ダートジャンプは日本でダート言えば栗瀬裕太と言われるようになりたい。


Q:最近練習している技は?


A:テイルウイップとバックフリップに技を入れること。大技はインパクトが強いけど、普通のスタイリッシュなエアーも磨きたいかな。スタイル重視で。


IMG_4128.jpg
2005年富士見パノラマ


Q:新しい4Xバイクはどう?


A:凄い剛性がある。バックもしっかりしているし、コーナーも粘ってくれそうだから、今まで以上に攻めの走りができそうだから楽しみ。


IMG_3222.jpg
2005年アメリカ


Q:最後にファンに一頃


A:今年はがらっとチームも変わって、イメージも変わると思うけど、僕にとって良い体制が組めたのでMTBもBMXも思いっきり頑張るので、皆さん楽しみにしておいてください。


IMG_2408.jpg
2005年アメリカ


栗瀬裕太が乗るバイク


MTB/BMXレース
マングース


BMXダート
FIT BIKE CO.


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/18

« AVID JUICY CARBON | メイン | ベン・リードがGamut USAと契約 »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype