ホーム > 製品レビュー

decline magazine

2006年03月08日 12:37 written by Teisuke Morimoto

decline magazineは現在、最も良くフリーライドシーンを伝える雑誌だ。


以前はキャメロン・ジンク、ジョン・コーワン、ブライアン・ロープス、現在ではカート・ヴォレイス、エリック・カーター、トーマス・バンダーハムがコラムを連載し、ライダーいかに考え、行動しているかライダー本人の考えを読みとることのできる貴重な場だ。


テイラー・セイジ、キャメロン・ジンク、ポール・バサゴイティア、カイル・ストレートなど次世代の若手ライダーがヒップホップカルチャーからインスパイヤーされ、指で26とハンドサインを作るのがクルーの証である、2Six Stallionsというスポンサーを越えた集団があるが、このムーブメントを積極的に紹介し、生み出したとも言えるのもdeclineだ。


2SixクルーはBMXカルチャーの亜流ではない、26inchならではのスタイルを追求しており、24inchを認めなかったり、カナダの集団であるBicycle Rockersを敵視するなど、過激な発言やパーティーアニマルさによって敵視する者も多いが、現在最も注目さているライダー群だと言えるだろう。


decline_banner.jpg
昨年はシーオッターのKODをスポンサーしていた。


また、編集長のスコット・ハートがロス在住であるため、カリフォルニア事情が取り上げられることが多く、BLACK mrkt、ジョン・コーワンのトレールジャム、最近盛り上がりを見せるグレッグ・ワッツ、キャメロン・マッコール、ジェイミー・ゴールドマンなどベイエリア関連のライダーが多く登場するのも特徴だ。


とは言え、ヨーロッパのフリーライドコンテストや、RedBull関連のコンテンストも良く取り上げられているため、偏っている印象は持たせない。ウェブサイトのニュースも更新頻度が高く、チェックしておくと誌面と併せてさらに楽しめる。


decline_cover.jpg


国内代理店
ダイアテックプロダクツ
TEL(075)971-0707


本国サイト
http://www.declinemagazine.com/


このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/2

« dirt magazine | メイン | MODEST BIKE »

この記事のトラックバック

Powered by
movabletype
movabletype